保湿と保水に違いはあるのでしょうか?

乾燥肌・敏感肌対策はもちろん、スキンケア製品の効果を高める上でも欠かせないのが保湿。しかし実際にケアを行う際には保湿と保水の区別がついていないまま適切ではない方法を行ってしまっているケースも見られます。

保湿とは水分が失われないように肌にフタをすること

保湿ケアQ&A

保湿と保水の違いは曖昧な面もあり、スキンケア製品の宣伝でも必ずしも明確に区別して使用されていない面もあります。

 

基本的には乾燥対策はすべて「保湿対策」、乾燥を改善する効果を備えた成分を「保湿成分」と呼んでいるわけですが、効果的に乾燥肌の改善を目指したい場合にはこの両者の違いをしっかりと把握しておいた方がよいでしょう。

 

簡単に言えば保湿とは肌から水分が失われないように防ぐための対策のことを言います。

 

たとえば老化によって進行していく乾燥は肌表面で皮脂膜を作って蒸発を防ぐ皮脂の分泌量や、角質層内で水分が逃げださないようバリアを作っているセラミドといった成分が減少することによって生じます。ですから簡単に言えば水分が失われないよう肌にフタをするのが本来の保湿です。乳液やクリームなどが代表的な保湿対策の選択肢となります。

保水とは水分を溜め込んで維持すること

保湿ケアQ&A

一方保水とはその名の通り「水分を保つ」ことです。もともと肌には水分を抱え込む力が備わっています。保水力を備えた成分の代表格として有名なヒアルロン酸の場合、質量の6000倍もの水分を保つことができます。この保水では角質層内部で水分を溜め込んで維持することを目的としたケアを重点に行っていくことになります。

 

そのため化粧水や美容液が対策の選択肢となりますし、いかに角質層の隅々にまで浸透させられるかどうかが重要なポイントとなります。

 

ですから皮脂の分泌量がもともと少なく表面がカサつきやすい方は保湿を重点的に行い、水分を補ってもすぐに乾燥してしまう方は肌の内面の保水力を高めることを重視してケアを行っていくなど、肌環境によって保湿と保水のバランスをうまく調節することも日々のスキンケアにおいて重要なポイントとなってくるのです。

導入美容液(ブースター美容液)口コミ人気ランキング

スキンケアの効果を上げるために使ってみたい人気の導入美容液

スキンケア ジェル NMバランス

3種のコラーゲンで乾燥を根本ケア!乾燥でスキンケアの浸透力が落ちたと感じたら
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂エリクシール ブースターエッセンス

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス

化粧水がグングン浸み込む!炭酸泡がごわついた肌を柔らかくほぐす導入美容液
3,132円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

導入美容液口コミ人気ランキング

ヒト型セラミドW配合!40代以上の乾燥肌で使いたい人気のブースター
トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
公式HPで詳しく見てみる!>>