ビタミンC誘導体配合導入美容液の効果と選び方

ビタミンC誘導体の種類とブースター効果は?

ビタミンC誘導体とはビタミンCに他の物質を結合させた成分のことです。つまり純粋なビタミンCではなく、結合物ということになります。これはビタミンCが抱えている安定性や浸透性の難点を克服するためのもので、そのままビタミンCを補っても肌に浸透しなかったり外気に触れた段階で効果が損なわれてしまうといった問題を防いで美容成分として効果を発揮できる形になっています。ですからほとんどのスキンケア製品ではビタミンCそのままではなくビタミンC誘導体の形で配合されています。

ビタミンC誘導体は種類によって効果が異なる

ビタミンC誘導体の効果

ただどのような方法でどういった物質と結合させるかによってビタミンC誘導体の内容に違いが出てきます。同じビタミンC誘導体という名前を使っていても浸透性や効果に違いが見られるのです。この成分の効果をスキンケアで最大限に活かしたい、という方はこうした細かな種類についても基本的なところを知っておくとよいでしょう。

 

もっとも広く使用されているのがリン酸アスコルビルマグネシウム。水溶性のビタミンCに属するもので、皮膚科でも使用されているなどもっとも安定して効果を発揮するタイプとされています。ただ、紫外線に晒すと効果が失われてしまうので日が当たらないところに保管するのが原則です。

 

それからリン酸アスコルビルナトリウム。こちらにはや刺激が強い一方優れた美容効果を備えています。ビタミンCの難点である浸透性を解消し、肌に塗付すると短期間で吸収されるメリットを備えています。肌質によって適している人と向いていない人が分かれる傾向がありますが、優れた効果が期待できる種類といえるでしょう。

ビタミンC誘導体配合導入美容液はハリを改善

ビタミンC誘導体の効果

安定性に優れているのがアスコルビン酸グルコシド。長期間の保存ができるのでこれもスキンケア製品によく使用されています。その特徴から「安定型ビタミンC」とも言われています。ただ一方で効果がやや劣る面もあるので期待した効果が得られるかどうかチェックしておきたいところです。

 

こうしたビタミンC誘導体はブースター化粧品として使用する場合には保湿効果を高め、肌のハリを改善する効果が大きなメリットといえます。乾燥して肌のハリが低下していると肌と毛穴が硬くなって有効成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

ビタミンC誘導体にはそれを改善する働きがあるのでブースター効果も期待できるわけです。ただ先述した種類の中には刺激がやや強いものもあるので洗顔後最初に使うブースター化粧品に使用する場合には肌に負担をかけずに使用できるかどうかを見極めたうえで判断することが欠かせません。

 

ビタミンC誘導体配合導入美容液の上手な選び方

ビタミンC誘導体配合導入美容液を選ぶ場合にはまず浸透性をチェックしておきましょう。もともとビタミンCは浸透性に何があり、それを解消するために他の物質と結合させて作られたのがビタミンC誘導体です。導入美容液の段階で十分に浸透しないのでは話になりませんから、しっかり角質層に浸透させてその後のスキンケアの効果を高めることができるかを見ておきましょう。

ビタミンC誘導体配合の導入美容液は油溶性がおすすめ

ビタミンC誘導体配合導入美容液の選び方

それからビタミンC誘導体の種類を重要なポイントです。どの成分と結合させるかによって浸透性はもちろん効果にも違いが出てきます。具体的な種類をひとつひとつチェックして検討するのもよいですが、まず基本的な知識して水溶性ビタミンCと油溶性ビタミンCの違いを確認しておきましょう。

 

水溶性ビタミンCは早く浸透し効果が実感できるのに対して肌を乾燥させやすい面もあります。一方油溶性はゆっくりと浸透するため効果を実感するまでに時間がかかる一方、角質層の深くにまで浸透しやすい特徴を備えています。
一般的には水溶性のほうがスキンケア製品には適しているといわれていますが、導入美容液として使用する場合には持続性に優れた油溶性のほうが向いている面もあります。

 

どちらが優れているとは一概には言えないのでそれぞれの特徴を踏まえたうえで自分なりに判断しましょう。肌質も踏まえたうえで判断することがポイントです。

 

なお、水溶性・油溶性の両方のメリットを備えた進化型ビタミンC誘導体というタイプも登場しています。このタイプを配合した導入美容液はまだ選択肢が限られていますが、製品を探す際にはチェックしてみるとよいのではないでしょうか。

添加物の含まれていない導入美容液を選ぶこと

ビタミンC誘導体配合導入美容液の選び方

洗顔後、化粧水の前に使用することになるわけですから、刺激が少ない点も重要です。これはビタミンC誘導体の種類ともかかわってきますが、美容液全体としての刺激にも注意しましょう。肌に負担をかける恐れがある添加物が使用されていないのはもちろん、他の有効成分の影響なども見ておきたいところです。

 

肌への刺激に関しては濃度も大事な点です。基本的に濃度が3パーセントを超えると美容効果が得られるといわれており、この濃度がひとつのポイントとなります。ビタミンC誘導体配合の化粧品の中には1〜2パーセント程度の濃度の製品も多く、十分な効果が得られない場合もあります。かといって濃度が高いと刺激が強くなるという難しい面も出てきます。

 

よくビタミンC誘導体を配合した化粧品には「高濃度配合」など濃度の高さを売りにしているものも見られますが、導入美容液の場合は高い濃度が必ずしもよいとは限らない面もあるので注意して見極めたいところです。

 

導入美容液(ブースター美容液)口コミ人気ランキング

スキンケアの効果を上げるために使ってみたい人気の導入美容液

スキンケア ジェル NMバランス

3種のコラーゲンで乾燥を根本ケア!乾燥でスキンケアの浸透力が落ちたと感じたら
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂エリクシール ブースターエッセンス

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス

化粧水がグングン浸み込む!炭酸泡がごわついた肌を柔らかくほぐす導入美容液
3,132円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

導入美容液口コミ人気ランキング

ヒト型セラミドW配合!40代以上の乾燥肌で使いたい人気のブースター
トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
公式HPで詳しく見てみる!>>