導入美容液の効果的な使い方を知っておこう!

導入美容液と普通の美容液の違いは?

最大の違いは使う順番

導入美容液

導入(ブースター)美容液と銘打たれた美容液がさまざまなメーカーから発売されるようになっています。

 

まだ使ったことがない方にとっては普通の美容液と何が違うのか、そもそも導入とはどういう意味なのか、と疑問に思うようです。

 

この導入美容液と普通の美容液との最大の違いは導入美容液は洗顔後に最初に使用する点にあります。

 

通常スキンケアと言えば洗顔の後にまず化粧水を使用し、肌を引き締めて整えた状態で美容液を使用します。

 

そうすることで美容液が肌に刺激を与えるのを避けつつ浸透性を高めることができるのです。

 

ですから洗顔後すぐに使用する導入美容液はそんなスキンケアの手順を根本から覆すものといっても過言ではありません。

 

洗顔語すぐに使用するわけですから当然普通の美容液に比べて低刺激になっています。

 

有効成分そのものが低刺激なのはもちろん、パラベンや鉱物油といった刺激をもたらす可能性がある添加物が使用されていない製品がほとんどなのです。

 

そのうえで化粧水や美容液に含まれている有効成分の浸透率を向上させる働きが備わっています。

肌を整えて化粧水の浸透アップ

導入美容液

「導入」と呼ばれているのもその後のスキンケア製品の効果を「導く」効果があるからです。

 

そのため、有効成分や効果も導入効果を目的にしたものになっているのが特徴です。

 

肌に潤いをもたらし、柔らかくすることで有効成分が角質層の隅々にまで浸透しやすい状態にしたり、角質層の乱れや角質肥厚にアプローチする効果を備えていたり。

 

中には最新の技術で有効成分が浸透しやすいよう、角質層内に一時的に「浸透ルート」を作り出す効果を備えた導入美容液もあります。

 

なかなか満足のいくスキンケアができずに美容液や化粧水をコロコロ変えている方も多いのではないでしょうか。

 

それは製品の問題ではなく、そもそも肌が効果を得られないような状態になってしまっている可能性もあります。

 

そんな場合に導入美容液を使用することで使用しているスキンケア製品の効果を最大限に高めることができるのです。

 

導入美容液は美容液の効果を高めるため美容液ともいえるでしょう。
導入美容液(ブースター美容液)口コミ人気ランキング>>

導入美容液の正しい使い方を知っておこう!

洗顔直後に使用

導入美容液

導入美容液は使い方にも注意が必要です。

 

単体のスキンケア製品として効果を発揮するだけでなく、他のスキンケア製品の効果を高める目的もあるため、両方の効果を得るに相応しい使い方が求められます。

 

その点化粧水や普通の美容液よりも扱いに注意が必要になります。

 

正しい使い方の鉄則は洗顔後に使用することです。化粧水よりも先に使用し、その後のスキンケア製品の浸透性を高めるのが目的ですから順番を間違えないよう気をつけましょう。

 

また、洗顔後に最初に使用する以上、肌に刺激を与えないような使い方が求められます。

 

洗顔直後は刺激に対して敏感な状態になっていますから、摩擦による刺激を与えないよう、優しく塗付していくことが大事です。

 

また化粧水の前に使用するということで洗顔後にできるだけ早く使用するのもポイントです。洗顔直後の肌は水分が蒸発しやすい状態になっているからです。

 

つまり、手早く行いつつも肌に負担をかけずにしっかりと顔全体になじませていくことが求められるというわけです。

適量を使わないと逆効果になる事も

導入美容液

それから使用する量。スキンケア製品はどうしても効果を得たいばかりに多めに使ってしまいがちです。

 

しかい導入美容液はあくまでその先のスキンケア製品の効果を高めるために使用するものです。

 

あまり多くの量を使用してしまうと化粧水、美容液に含まれている有効成分が浸透しにくくなる逆効果をもたらしてしまう恐れがあります。

 

逆に使用量が少ないと角質層に浸透せず、有効成分の浸透を促す導入効果が薄れてしまいます。必ず適量を心がけましょう。

 

もうひとつ、正しい使い方というよりオススメの使い方となりますがハンドプレスをうまく活用して塗付していきましょう。

 

これは先にあげた摩擦による刺激を防ぐだけでなく、肌全体にしっかりとなじませて浸透させる意味でも重要なポイントです。

 

手のひら全体で有効成分を肌に押し込むような感覚で使うと擦らずに浸透させることができます。

 

これらの使い方のポイントはそれほど難しいものではありませんから、必ず踏まえたうえで導入美容液本来のメリットを最大限に活かせるよう心がけていきたいところです。

美白のための導入美容液ってある?

美白成分が含まれているとは限らない

導入美容液

市販されている導入美容液のおもな目的は保湿効果を高める点にあります。

 

そももそ導入美容液そのものが化粧水や美容液に含まれている有効成分の浸透性を高めるために使用するものです。

 

そのため保湿成分を角質層の隅々にまで浸透させる必要がある保湿対策に適しているだけでなく、

 

乾燥や角質肥厚などで有効成分が浸透しにくくなってしまった状態を改善するのに導入美容液が威力を発揮するのです。

 

ただ導入美容液の中には保湿以外の効果を備えた製品も登場しており、とくに美白対策のために開発された製品に注目が集まるようになっています。

 

美白のための導入美容液とはその名の通り美白対策の効果を高めるために使用するものです。

 

ただ従来の保湿対策をメインの目的として作られた製品と違うのは、導入美容液そのものに美白成分が含まれているとは限らないという点です。

 

従来の導入美容液にはほぼ例外なく保湿成分が含まれており、まずこの段階で一定の保湿効果をもたらしたうえで化粧水、美容液でも保湿を行うことになります。

 

これは先述のように乾燥した肌は有効成分が浸透しにくい状態にあるため、導入美容液の段階である程度改善しておく必要があるからです。

導入美容液だけでは美白ケアは不十分

導入美容液

しかし美白目的の場合、洗顔後すぐに使用する導入美容液に美白成分を配合すると肌への刺激が強く負担をかけてしまう恐れがあります。

 

そのため配合されるにしても刺激の少ない成分が濃度が低い状態で使われているのみ、

 

美白効果そのものはごくごく限られているのが大きな特徴です。

 

その代わり美白化粧水、美白美容液の効果を高めるためのさまざまな工夫が盛り込まれています。

 

従来の導入美容液と同様、有効成分の浸透を高めるための効果はもちろん、美白成分の刺激が肌に負担をかけないよう、バリア機能を改善させる効果などです。

 

さらにターンオーバーを改善することでメラニン色素の沈着を防ぐ効果を備えているものもあります。

 

単体では美白効果は期待できないものの、美白化粧品と併せて使用するとその効果を大幅に向上させることができる。

 

それが美白のための導入美容液です。それだけに組み合わせる美白化粧品との相性も考慮して選んでいくことが大事になってくるでしょう。

導入美容液が効果的な肌質とは?

乾燥で有効成分が浸透しづらい肌の人

導入美容液

化粧水や美容液の効果を高めるために使用する導入美容液。

 

これまで行ってきたスキンケアでは満足の行く効果が得られなかった方が使用

 

するとスキンケア製品本来のポテンシャルを引き出すことでより高い効果が期待できるようになります。

 

しかしその一方でわざわざそんなものが必要なのか、と疑問に感じる方もいるようです。

 

実際のところ導入美容液は必要な人とそうでない人、効果的な人とそうでない人がはっきり分かれる傾向が見られます。

 

簡単に言えば普段使用しているスキンケア製品に満足している人はわざわざ導入美容液を使用する必要はないわけです。ではどういった人に導入美容液が効果を発揮するのでしょうか。

 

まず肌が乾燥している人。乾燥した状態で肌の表面がカサカサの状態になっていると有効成分が角質層の奥にまで浸透しにくい状態になっています。

 

そのためせっかく保湿化粧水や美容液を使用しても配合されている有効成分の効果が十分に引き出されないまま終わってしまいます。

 

さらに乾燥肌はバリア機能の低下も進んでいるためせっかく補った有効成分がすぐに蒸発して失われやすい状態にあります。

ターンオーバーの乱れで古い角質が蓄積

導入美容液

導入美容液はそうした肌にアプローチし、角質層のキメを整えて有効成分が浸透しやすく、外へと逃げ出しにくい状態へと導く効果を備えています。

 

スキンケアを行った後は潤っているけれどもその後すぐに乾燥した状態に戻ってしまう、という悩みを抱えている方にはとくに導入美容液が効果を発揮することでしょう。

 

それからターンオーバーの乱れで角質が蓄積してしまっている人。乾燥とも関わってきます。

 

老化が進むにつれてターンオーバーの周期が遅れて本来剥がれ落ちるはずの角質がそのまま残って肌に蓄積してしまうようになります。

 

この状態でもスキンケア製品の有効成分が浸透しにくくなるため、導入美容液が効果を発揮します。

 

ターンオーバーの改善効果はもちろん、肌を柔らかくしして有効成分の浸透性を高める効果を備えているからです。

 

こうした肌質の人が導入美容液を使用することでスキンケア製品の効率と効果の両方を高めることができるでしょう。

 

自分の肌質とスキンケア環境を確認してみたうえで自分に導入美容液が向いているのかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

導入美容液にはどんな成分が含まれている?

肌環境を改善する成分

導入美容液

導入美容液にはさまざまな成分が配合されています。

 

その後使用する化粧水や美容液の効果を高めるため、肌環境を整えたり、有効成分を角質層の奥にまで導くといった目的で成分を配合しているのです。

 

導入美容液に含まれている成分は大きく2つのタイプに分けられます。

 

まず冒頭にも触れたようにまず肌環境そのものを改善する効果、とくに保湿効果を備えた成分。

 

肌の乾燥が進んでいると角質層のキメが乱れたり、肌が硬くなったりして有効成分の浸透性が悪化してしまいます。

 

それを改善するため、保湿効果や肌を柔らかくする効果を備えた成分が配合されるのです。

 

代表格としては保湿成分のセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、肌を柔らかくするホホバ油、肌の若々しさを改善するためのプラセンタエキスやコメ由来のエキスなど。

 

角質の蓄積が有効成分の浸透の妨げにならないよう、ターンオーバーの改善を目的にした成分が配合されるケースも多く見られます。

その後のケアの浸透性をアップさせる成分も

導入美容液

もうひとつのタイプはその後使用する化粧水や美容液の効果を高めるための成分。文字通り有効成分を「導く」目的で配合されるものです。

 

このタイプの成分は各メーカーが独自に開発したものが多く、この点が導入美容液の比較検討を行う際の最大のポイントともなっています。

 

最新の研究に基づいて作られたものも多く、中には細胞間脂質の構造を一時的に変化させる効果を備えている成分もあります。

 

角質細胞同士を結びつけて角質層全体の構造を維持している細胞間脂質の構造を変えることで角質細胞の隙間から有効成分が奥まで浸透しやすい状態にするのです。

 

このタイプの代表格としてはDHCが導入美容液に使用しているナノキューブが挙げられます。

 

他には肌環境を整える植物由来の成分なども配合される場合もあります。

 

大事なのはそれぞれの導入美容液に配合されている成分がどういった効果を備えているのかを事前にしっかりと確認しておくこと。

 

独自成分が多い分、宣伝に惑わされず本当に自分にとって必要で役立つ効果を備えているかどうかを見極めることです。

 

その意味では他のスキンケア製品以上に自分で比較検討して判断することが求められるでしょう。
導入美容液(ブースター美容液)口コミ人気ランキング>>

スキンケアの効果を上げるために使ってみたい人気の導入美容液

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

3種のコラーゲンで乾燥を根本ケア!乾燥でスキンケアの浸透力が落ちたと感じたら
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
更に詳しく見てみる>>

資生堂エリクシール ブースターエッセンス

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス

化粧水がグングン浸み込む!炭酸泡がごわついた肌を柔らかくほぐす導入美容液
3,132円・税込
更に詳しく見てみる>>

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ヒト型セラミドW配合!40代以上の乾燥肌で使いたい人気のブースター
トライアルセット1000円・税抜
(・ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>